カラーを長持ちさせるポイントとは

せっかく染めても、すぐに色落ちしてしまう方もいらっしゃると思います。何度もカラーリングをすると髪が傷んでしまうので、色落ちを防ぐことが大切です。こちらでは、カラーを長持ちさせるポイントについて紹介いたします。

ヘアカラーをした日はシャンプーを控える

カラーを長持ちさせたいなら、美容院でカラーした当日のシャンプーは極力避けた方がおすすめです。髪が24時間酸素に触れることによって、カラーの色味が定着し、髪に艶と潤いが保たれます。色素がしっかり浸透する前にシャンプーをしてしまうと、カラーの色味が定着しきっていないため早く退色してしまいます。どうしても髪を洗いたい場合は、リンスだけ行うようにしましょう。

ドライヤーの使用方法に気をつける

ドライヤーで乾かし過ぎると、保水力が失われてしまうため、色落ちが進んでしまいます。髪から10センチ以上離し、なるべく根元から時間を掛けずに乾かしましょう。ドライヤーをあてる時は同じ個所を乾かし過ぎないように、左右に動かしながらあてると万遍なく乾かすことができます。

トリートメントを欠かさず行う

髪のキューティクルを開くことによって髪内部に色を入れることができるので、髪のダメージによってキューティクルが剥がれ落ちてしまうと入れた色が徐々に抜けてしまいます。髪へのダメージを防ぐためには、アスタキサンチンやマカデミアナッツ油などが入っている高品質なトリートメントでのケアがおすすめです。

UVケアを行う

紫外線は髪の中に定着した染料を分解してしまうため、太陽光に当たる頻度が多いと色落ちが進んでしまいます。長時間野外に出る場合は、髪用のUVクリームを塗ったり、帽子をかぶるなどして紫外線対策を行いましょう。

京成船橋駅近くにあるairsは、6種類のハーブエキスを配合したカラーリングを行っている美容院です。また、カットパーマ、ヘッドスパなどのメニューも取り揃えています。京成大久保駅、JR津田沼駅近くにも店舗があるので、習志野市や船橋市で美容院をお探しならぜひairsをご利用ください。

Blog Facebook Twitter Instagram